キング

韓国語やトレーニング、車などいろいろなことを記事にしていきます。ボケーっと見ていってください。

韓国語の속の使い方!ややこしい「中」のそれぞれの違い。

f:id:king71154:20190628103232j:plain

 

どうもキングです!

今回は「中身」という単語について知ってもらいたいと思います。韓国語でですね。これにはおにぎりの具の中身という意味も含まれます。それでは早速やっていきましょう!

 

속=中、中身

 

 は基本的に「中」という意味です。ややこしい単語として안,중があります。これは全て「中」という意味なのですが、それぞれ意味合いが違います。

 

「電車の中」「部屋の中」などと言いたい時に使います。空間の中にあるイメージを持ってください。

 

これは「100人中」の「中」です。それと「りんごとバナナのうち」の「〜のうち」という時にも使うことができます。

 

今回のタイトルになっている속は、「頭の中」「心の中」など目に見えない「中」です。あとはおにぎりの具材の「中身」も表します。「キムパブの具材」といった感じです。

 

つまり!

「電車の中」などの空間のイメージはで、「何人中」と言いたい時はで見えないものの中「頭の中」などはとなります。

 

 例文

주먹밥 속

(おにぎりの具材)

 

 

마음속으로 생각

(心の中で考える)

 

〜으로は「〜で」という意味がある。

 

 

꿈속의 사람은 현실이지 않다

(夢の中の人は現実ではない)

〜의は「〜の」、は「〜は」、(이)지 않다が「〜ではない」という意味。

 

 

まとめ

今回は「中」という単語について知ってもらいました。ややこしい単語なのでしっかりとおさえておきましょう。それではまた!