キング

韓国語好き、根っからの読書家です。読書家という職業があれば就職したいので是非どなたか雇ってください。

ニュースで覚える韓国語 〜スペースX ’スターシップ’ 試作品発射成功〜

f:id:king71154:20190806200008j:plain

’スターシップ’試作品の発射成功

 

미국의 민간우주탐사업체 스페이스X가

우주여행선 '스타십'의 시제

폼(시험 삼아 만든 물간)인 스타홉퍼

발사에 성공했다.

 

 

米国の民間宇宙探査メーカー「スペースX」が

宇宙旅行船 ”スターシップ” の試作品(試験として作ったもの)である

スターホッパー発射に成功した。

 

チェック

 

스페이스X=スペースX

 

스타십=スターシップ

 

스타홉퍼=スターホッパー

 

 

ポイント

미국의 민간우주탐사업체 스페이스X가

미국は「米国」。そこに「〜の」という意味である의をつけることで「米国の」となります。

 

민간は「民間」우주が「宇宙」です。탐사が「探査」업체は「メーカー」という意味です。

 

업제は「業種」「業態」という意味もありますが、本文では「メーカー」という方がしっくりきますね。そして가は「〜が」という接続語になります。

 

 

우주여행선 '스타십'의 

여행は「旅行」という単語です。선は「船」という意味ですが、よく「線」という意味でも使われるので注意しましょう。本文では우주여행선なので「宇宙旅行船」という風になります。

 

의は先ほども出てきましたね。「〜の」という意味になります。

 

시제폼(시험 삼아 만든 물건)인 스타홉퍼

시제폼は「試作品」でこれには「プロトタイプ」という意味があるのですが、「試作品」の方が自然な訳になります。

 

시험は「試験」で、学校のテストなどもこの시험を使います。例)기말시험「期末試験」

 

삼아は「〜として」や「〜で」という意味です。本文では시험と合わせているので「試験として」という表現になります。

 

만든は「作った」という意味。これは原型は만들다の「作る」という意味で、それを連体形にしたものです。なのでそのあとに물건で「もの」という意味がきて「試験として作ったもの」となります。この물건は通常「物品」という意味で使われます。

 

 인は「〜である」となります。他にも「〜としての」や「人」という意味でも使われるので注意しましょう。

 

 

발사에 성공했다.

발사は「発射」という意味。에は「〜に」です。そして성공が「成功」です。そのあとに했다がきて「した」です。この했다は原型が하다「する」という動詞です。それを過去形に変換して「〜した」となります。

 

 

まとめ

最近は宇宙の事業が活発になってきている気がします。ホリエモンさんも最近ロケットの発射を成功させましたし、アマゾンのCEOベゾスさんも自社の株を1000億ほど売って宇宙事業に力を入れると公表していました。宇宙事業には注目したいところです。それではまた!

「ファストアンドスロー 〜あなたの意思はどのように決まるか?〜」

どうもキングです!

今日は最近読んだ本をご紹介します。それは「ファストアンドスロー」という本でダニエルカーネマンさんの本です。

 

ファスト&スロー 〜あなたの意思はどのように決まるか?〜

 

[http://:title]

 

これは心理学?に近い本で、様々な面白い研究が載っています。今回はその実験の一部をみなさんで実験してみます( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

問題1

バットとボールは合わせて1ドル10セントです。

バットはボールより1ドル高いです。

それではボールはいくらでしょう?

 

 

 

 

ここで皆さんの頭の中に思い浮かんだ答えは。

10ドルですよね。

これは一見正しいそうですが、しっかり計算してみれば間違っているのはわかります。

 

もしボールが10セントなら1ドル高いバットは1ドル10セントなので、合計1ドル20セントになってしまいます。なので答えは5セントです。

 

間違い

バット=1ドル10セント

ボール=10セント

 

正解

バット=1ドル5セント

ボール=5セント

 

これは脳が勝手に判断してしまうのでしょうがないことなのですが、この仕組みは詳しく書いてあるので是非読んでみてください。システム1とシステム2という感じで説明しています。

 

 

問題2 食べる

 

so□p

 

□に入る言葉は?

 

 

 

 

ここで皆さんの頭の中はきっとsoupですよね?これはなぜかというと、上に食べるという単語が書いてあるから。

 

他にもsoap「石鹸」などもありましたよね。

 

これはプライミング効果といって、意識していなくても勝手に脳が意識してしまっている状況のことをいます。身近な例でいうと、万引き防止のポスターです。

 

あれは大体のポスターに目のイラストが書いてあります。これにも潜在的「見られている」という意識を持つため実際にそういった行為が減るという効果があります。

 

これ似たような実験結果が本書にあるので詳しくは見てみてください。

 

 

あとは学生にためになる実験としては、綺麗な字で記述の問題を書いた方がいかにもあっているかのように見えるということです。実際に点数も上がると思います。

 

これは簡単にいうと、汚い字にはかなり集中力を使って読むため文章の意味もしっかりと入ってくるという心理効果があります。本書の実験では、反対に問題用紙を読みやすい印刷にしたところ、90パーセントが問題を間違えたみたいです。そして印刷の見えにくい問題用紙にしたところ35パーセントのみ間違えたそう。

 

まとめ

問題を間違えずに回答できた人も実際にはその問題を知っていたから答えることができたということなので、絶対に間違えてしまう問題だそうです。。。問題はよく見ようとはこういうことですね。

 

 

ニュースで覚える韓国語 〜韓国スポーツ飛び込み史上初めてのメダル獲得〜

f:id:king71154:20190725150225j:plain

韓国ダイビング史上初めてのメダル獲得

 

다이빙 선수 김수지 가 한국다이빙 사상 처음으로 세계선수권대회에서 메달을 땄다.

김수지는 13일 광주 남부대 시립국제수양장에서 열린2019광주 세계수영선수권대회 다이빙여자 1m스프링보드 결승에서 5차 시기 합계 257.20점을 받아 동메달을 목에 걸었다

 

 

ダイビング選手のキムスジ選手が、韓国ダイビング史上初めて世界選手権大会でメダルを獲得。

キムスジ選手は13日、光州南部大市立国際プールで開かれた、2019光州世界選手権大会ダイビング女子1mスプリングボード(飛び込み)の決勝で5回の合計257.20点を取って銅メダルを首にかけた。

 

 

チェック!

김수지=キムスジさんは韓国のダイビング選手のことです。本文では韓国で初めてダイビングで銅メダルを獲得した人となっています。

 

광주 남부대 시립국제수양장=光州南部大市立国際プール

 

스프링보드=本文では「スプリングボード」になっているが、日本でいう「飛び込み」の意味。

 

 

ポイント

다이빙 선수 김수지 가 한국다이빙 사상 처음으로 세계선수권대회에서 메달을 땄다.

 

다이빙は「ダイビング」。チェックの部分でも紹介しましたが、これは「飛び込み」のこと。そして선수「選手」をつけて다이빙 선수「ダイビング選手」とします。

 

가は「〜が」という意味。なので김수지가とすることで「キムスジ選手が」と表現できます。

 

한국다이빙사상처음로は한국다이빙が「韓国ダイビング」사상が「史上」、なので한국다이빙사상と組み合わせて「韓国ダイビング史上」とすることができます。

 

そのあとの처음로は처음が「初めて」という意味なのですが、このまま使ってしまうと文がおかしくなってしまうので、そのあとに「〜で」という意味の〜로をつけることにより「初めて」という文が成り立ちます。

 

 

 

세계선수권대회에서は세계が「世界」という意味。そして先ほどの선수に권をつける「選手権」とすることができます。

 

そして대회で「大会」なので세계선수권대회で「世界選手権大会」。そのあとに「〜で」という意味の에서をつけて完成です。

 

ここで先ほどの「〜로」と「〜에서」の違いについてなのですが、에서は基本的に場所を表すと思っていいと思います。反対に〜로は手段を表します。

 

메달을はそのままで메달「メダル」です。そのあとの땄다は「獲得する」という動詞です。他にも「開ける」などの複数の意味を持ちますがここでは「獲得する」で使われています。

 

 

김수지는 13일 광주 남부대 시립국제수양장에서 열린2019광주 세계수영선수권대회 다이빙여자 1m

스프링보드 결승에서 5차 시기 합계 257.20점을 받아 동메달을 목에 걸었다

 

김수지는は「キムスジ選手は」となります。〜는が「〜は」という表現なので押さえておきましょう。

 

13일は「13日」。これは일が「日」を表す単語です。광주 남부대 시립국제수양장はチェックの部分の「光州南部大市立国際プール」です。そこに에서「〜で」をつけることで「国際プールで」となります。

 

열린は「開かれた」です。原型は열리다の「開く」なので注意してください。다이빙は「ダイビング」で여자は「女性」です。本文では「女子」にしていますが同じ意味です。

 

1m스프링보드は「1mスプリングボード」ですが、これも「飛び込み」のことです。

결승は「決勝」です。 5차 시기は、차 시기で「〜回」という単位を表します。スポーツでの特殊表現なので難しいところでもあります。

 

합계は「合計」。なので257.20점で점が「点」で「合計257.20点」となります。それに「〜を」の을をつけます。 받아は「受ける」という意味です。つまり「257.20点をもらい」という表現の仕方になります。

 

 동메달을は동が「銅」なので「銅メダルを」となります。 목에は「首に」で목が「首」になります。 걸었다は걸다が「かける」という単語なので、それに過去形の表現の었다をつければ「かけた」とすることができます。そうすると最終的に「首にかけた」となります。

 

 

まとめ

今回は簡単なニュースを題材にして取り上げました。政治などのニュースではないので比較的簡単に読み解けたかなと思います。次回などは少し政治なども絡めながらご紹介できたらなと思います。それではまた!

 

短文で覚える韓国語 〜人の箸使う奴〜

f:id:king71154:20190723233324j:plain



人の箸使う奴

 

 この料理本当に美味しい!少し食べる?

食べる!ありがと!

すみません。違う箸ください。

 

 

韓国語版

 

이 요리 정말 맛있어! 조금 먹다?

먹다! 고마워!

저기요.다른 젓가락 주세요

 

 

ポイント

이 요리 정말 맛있어! 조금 먹다?

이は「この」という意味。요리は「料理」という単語です。 정말は「本当に」というニュアンス。他にも「本当に」を表す単語として、진짜があります。しかしこれは「まじ?」みたいな感じなのでここでは少し雰囲気が違うので使いませんでした。

 

맛있어! は「美味しい」です。元々は맛が「味」という意味なので、そこに「ある」という意味の있다をつけることにより、「味がある」という風になり「美味しい」となります。

 

조금は「少し」 먹다?は「食べる?」という動詞でクエスチョンマークをとれば、普通に「食べる」と表すことができます。

 

 

 

먹다! 고마워!

먹다! は先ほどと同様。고마워!は「ありがとう!」という意味です。普通「ありがとう」という時に使われるのは감사합니다 ですが、少し硬い印象があるので今回では고마워を使っています。

 

저기요.다른 젓가락 주세요

 

저기요.は「すみません」。これは店員さんを呼ぶときなどによく使われます。似た言葉で죄송합니다があります。「すいません」という意味では同じですが、こちらの죄송합니다はよく謝る時に使われる印象があるのでご注意ください。

 

다른は「他の」とか「別の」という意味。젓가락は「お箸」です。他に「スプーン」と「フォーク」はそれぞれ숟가락と포그です。

 

주세요は以前もやりました。「ください」という意味。

 

 

まとめ

今回注目して欲しいのは「ありがとう」と「すいません」の使い分けです。それぞれ二種類あるので注意してください。

 

ありがとう

고마워      

감사합니다

 

すいません

저기요

죄송합니다

 

しっかりと覚えておきたいところです。それではまた! 

短文で覚える韓国語。 〜じゃあママも〜 

f:id:king71154:20190722105934j:plain



じゃあママも

 

엄마 「아줌마」는 무슨의미야?

「아줌마」는 팔뚝이 굵고,뱃살이 푸짐하면,뽀글뽀글 파마가 「아줌마」

그럼 엄마도 「아줌마」

 

 

ママ!「アジュンマ」はどういう意味?

「アジュンマ」は腕が太くて、お腹の贅肉はたっぷでくるくるパーマが「アジュンマ」だよ。

じゃあママも「アジュンマ」だね!

 

 

ポイント

엄마 「아줌마」는 무슨의미야?

엄마「ママ」とか「お母さん」という意味です。

 

そして「아줌마」は「おばさん」という単語です。는は「〜は」という接続語です。

 

무슨は「どんな」という意味が含まれます。의미は「意味」という単語です。それに야?をつけることでパンマル(タメ口)にすることができます。今回は親子という設定なのでパンマルにしています。

 

 

 

「아줌마」는 팔뚝이 굵고,뱃살이 푸짐하면,뽀글뽀글 파마가 「아줌마」

「아줌마」は先ほどと同じ「おばさん」です。それに先ほども出てきた는「〜は」という意味。

 

さらに팔뚝이は팔が「腕」という単語です。日本人が発音を間違えて「足」という単語と混ざってしまう場合があるので違いをはっきりとしておきましょう。

 

팔=腕

발=足

 

そして팔に뚝をつけると「二の腕」という意味になるのでご注意ください。そこに「〜が」という意味の이をつけます。そうすると「二の腕が」という表現になります。

 

そのあとの굵고は굵다が「太い」という意味なので、それに接続語である고「〜して」をつけ、「太くて」とします。ここまでで「二の腕が太くて」という文章が完成します。

 

뱃というのは「腹」を意味します。そこに살「肉」をつけて「お腹の肉」となります。이は「〜が」。

 

푸짐하면は푸짐하다が「たっぷりある」という表現です。そこに「〜て」の면をつけることで「たっぷりあって」となります。これは仮定の表現に使われる表現です。

 

뽀글뽀글 파마は「アジュンマパーマ」という少しバカにしたような表現ですね。

가は「〜が」そして最後に아줌마がきます。

 

그럼 엄마도 「아줌마」

그럼は「じゃあ」という意味。엄마도は「お母さんも」で先ほどやった도「〜と」が接続語として入っています。

 

아줌마は「おばさん」。 

 

まとめ

韓国語は二つの似ている発音で意味が違う単語があったりするので注意して下さい。今回その例であげたのは「足」と「腕」です。발と팔しっかりと覚えておいてください。それではまた!